Home‎ > ‎

2018/10/4-5 Exhibited at Kyoto Smart City EXPO 2018 (京都スマートシティエキスポ2018にて出展しました)

posted Oct 5, 2018, 3:41 AM by eSep Inc.(イーセップ株式会社)   [ updated Oct 5, 2018, 3:50 AM ]
 Development of membrane-based separation technology will enable us to simplify processes and reduce energy consumption drastically in future chemical industries.   In recent years, applications of membrane-separation technology require developments of ceramic membranes with excellent durability because of lack of thermal and chemical stability of existing polymer membranes.
   By  industry-academia collaboration, we develop and offer membrane-based separation technologies  utilizing nanoporous ceramic membranes for easy, eco-efficient separation.    
 In this exhibit,  we introduced our development  status of ceramic membrane elements with controlled membrane pore size in the range of 0.3-10 nm, membrane modules, and next-generation chemical processes utilizing them.

膜分離技術の発展は将来の化学産業のプロセスを簡略化し、エネルギー消費を劇的に削減することができます。既往の有機高分子膜では耐熱性および化学的安定性が不十分であることから、近年では耐久性に優れるセラミック分離膜の開発が求められています。
 我々は簡易、エコ、且つ効率の良い分離のため、ナノ多孔質セラミック分離膜を活用した膜分離技術の開発と提供を産学連携により行っています。
 今回の出展では、膜細孔径を0.3〜10 nmの範囲で精密制御したセラミック分離膜エレメント、膜モジュール、およびそれらを活用した次世代型化学プロセスの開発状況についてご紹介致しました。

謝辞:ご来訪、ご助言頂きました皆様にお礼申し上げます。
また出展のご支援を頂きました三立化成(株)様、大変ありがとうございました。


Ċ
eSep Inc.(イーセップ株式会社),
Oct 5, 2018, 3:50 AM
Comments